2023

Program 2022

Euro NCAP Protocol Update and Roadmap 2030

Director & Professor Andre Seeck – BASt - German Federal Highway Research Institute - Head of the Division Vehicle Technology 

60分

Requirements on ESS (Evasive Steering Support) Systems

Andreas Rigling – ADAC Technik Zentrum Landsberg - Project Manager Active Safety 3 

30分

Euro NCAP Occupant Status Monitoring

Adriano Palao – Euro NCAP - Technical Manager ADAS/AD 

30分

IIHS Protocol Updates and the new 2023 Top Safety Pick

Dr. Jessica S. Jermakian – Insurance Institute for Highway Safety - Vice President, Vehicle Research 

30分

Update to legal Requirements for Active Safety

Dr.-Ing. Patrick Seiniger – BASt - German Federal Highway Research Institute - Deputy Head of Section “Active Vehicle Safety and Driver Assistance Systems” 

45分

Crash Safety of Electric Vehicles and Presentation of the Mercedes EQS Safety Concept

Rainer Justen – Mercedes-Benz AG - Manager Vehicle Safety E-Mobility (EQ) 

30分

Level 2: A Safety System or a safe System?

Dominik Schuster – BMW Group - Vice President Vehicle Safety 

45分

IIHS Safeguards for Partial Automation

Dr. Jessica S. Jermakian – Insurance Institute for Highway Safety - Vice President, Vehicle Research 

30分

Virtual Testing in Passive Safety - Requirements for the Virtual Vehicle Model

Norman Meissner – BMW Group - Passive Safety Concepts 

30分

機能安全+αの規格を踏まえた安全性・信頼性分析および電子機器の寿命予測

石井 通義、アンシス・ジャパン株式会社 ACE Japan 技術部シニアAPエンジニア

15分

クラウドサービス HPC ご紹介

デジタルプロセス株式会社

15分

Ansys LS-DYNAを用いたバッテリー関連シミュレーションの取り組み

大平博道、株式会社JSOL

15分

ハイスピードカメラによる可視化&解析ソリューション

早坂 航平、株式会社フォトロン, システムソリューション事業本部

15分

Sponsors presentations  (15 minutes each)


株式会社JSOL    www.jsol-cae.com

演題:Ansys LS-DYNAを用いたバッテリー関連シミュレーションの取り組み

要旨:電気自動車の今後の普及に向けた課題の1つに、衝突時の安全性が挙げられます。
特にリチウムイオンバッテリーは、衝突時の短絡による熱暴走の可能性が知られており、
開発においてこれを事前にシミュレーションにて予測するニーズも高まっています。
本講演では、特に安全性に着目したバッテリー関連の弊社の取り組みについてご紹介します。
講演者名:大平博道


株式会社フォトロン    www.photron.co.jp

演題:ハイスピードカメラによる可視化&解析ソリューション

要旨:自動車開発におけるハイスピードカメラを使用した事例を製品紹介を交えながら紹介します。
講演者名:早坂 航平ー株式会社フォトロン システムソリューション事業本部


デジタルプロセス株式会社    www.dipro.co.jp

クラウドサービス HPC ご紹介


アンシス・ジャパン株式会社    www.ansys.com/ja-jp

概要

1. 機能安全やSOTIF、サイバーセキュリティ分析を円滑に行うための要素について
2. SOTIFおよびサイバーセキュリティ分析を行う上で生じる課題
3. 車載電子部品の信頼性を高めるためにできること

こんな方へおすすめ
・機能安全管理者もしくは安全管理者を目指すご担当者様
・車載開発に携わる/今後予定のあるご担当者様
・セキュリティ、SOTIF開発に携わる/今後予定のあるご担当者および関連ツールをご検討のお客様


ドイツ連邦共和国 バイエルン州駐日代表部    www.invest-in-bavaria.com/ja



Sponsors 2022